マンションを購入する際に大切なのは20年から30年と言う長い年月に渡って返済をし続ける事が出来るかという点にありましょう。

人気ウォークインクローゼットの使い勝手
人気ウォークインクローゼットの使い勝手

無理のない返済計画

マンションを手に入れる為にはある程度の購入資金が必要です。
その為にマイホーム資金として毎月たとえ僅かでも貯金をしている人は多いはずです。
頭金がなくてもマンションは購入する事は出来ますが少しでも頭金を払いたいと思う物で頭金は多い方が良いに決まっています。
そして頭金を支払った残りで住宅ローンの借り入れをして毎月返済していく事になります。
その住宅ローンですが20年から30年と言う長い年月に分けて返済をし続けなければならないと言う事を考えて借り入れをする必要があります。
まず一番大切なのでは現状だけで判断しない事です。
10年後10年後の生活がどうのように変化していくのかもある程度見極める必要があります。
まずはライフイベント表を作って将来の支出を予測する事です。
細かい支出を予測する必要はありません。
マイホームの購入時期や車の買い換えの時期や子供さんの入園や入学などの家族にとってのイベントに予算をたてる事です。
その際に気をつけたいのがローンの返済が家族のイベントの妨げにならないかと言う事です。
車の購入などは先送り出来ますが子供さんの入園や入学、進学は間違いなく予定通りにやってきます。
ローン返済でお金がないからと言って子供さんの入園や入学、進学を辞める訳には行きません。
家族のイベントに差し支える様なローン返済はしてはならないと言う事です。
次には将来の収入を予測する事です。
今は共働きで奥さんにも収入があっても子供が生まれるとか何かの事情で奥さんが仕事を続ける事が出来なくなったり正社員からパートタイマーになるなどで収入が減るケースも多くあります。
反対に今は専業主婦でも将来はパートタイマーで働くなど収入が増えるケースも多くあります。
そして景気が悪い現代社会では給料のベースアップも期待できず反対にカットされたりボーナスも期待できる程貰えるとは限りません。
ボーナスは期待しない方が良く毎月の返済以外にボーナス時の返済をする人もいますが今の時代ボーナス払いは避けた方が無難だと思われます。
ボーナスは住宅ローンの返済に回すよりも家族のイベントの為に置いておいた方が良いと思われます。
そんな現状の中で毎月無理なく支払える返済額を出し次に20年から30年と言う長い月日に渡って返済を続けていけるのかどうかを検討する事が必要です。
返済が続けられずに自己破産してマイホームを手放す人が非常に多い現代です。
無理のある返済計画は大切なマイホームを手放す結果にもなりかねないのです。

注目の情報