どんな建物でも基礎は重要で長い年月安心して過ごせる為のマンションの基礎について調べてみました。

人気ウォークインクローゼットの使い勝手
人気ウォークインクローゼットの使い勝手

マンションの基礎

建物は基礎が大切だと言われていて長い年月建物を安全に支える為に地盤と共に建物の基礎は非常に重要です。
その理由はどんな建物であっても固定荷重・積載過重・積雪加重などの荷重や地震や風などの外力を基礎を介して地盤に逃すので十分な強度が必要で基礎は強度が強ければ強いほど良いと言われています。
実際に建物を建てる場合どんな基礎にすればいいのかはハード面では支持層の深さや建物の荷重などを考慮しソフト面では敷地の広さや隣接の道路の状況やコストなども加味されて決定される様です。
建物の基礎には直接基礎と呼ばれる物があります。
この直接基礎は支持層が浅い部分に多く採用されているようです。
例を挙げると東京にある新宿副都心の高層ビルの支持層は地下20m程の位置にある為に地下3Fの深さまで根入れをして直接基礎としているそうです。
そのお陰で過重に対し十分な強度を保つと同時に地震の際の逸散減退効果も高まっているようです。
マンションの直接基礎の場合はオフィスやホテルなどと違いも地下は必要ないので、もう少し浅い位置に支持層が必要となるようです。
直接気その形式は一般的にフーチング基礎と呼ばれている布基礎や独立基礎、そしてベタ基礎があり高層マンションなど重量の重い立て建物で直接基礎をする場合には過重を面で支えるベタ基礎が多いようです。
ですが問題もあってベタ基礎は他の基礎に比べると沈下量が大きくなる為に基礎面積が広い場合は不同沈下などの十分に注意しなければならないそうです。
それに付け加えて言うと地震に対しては直接基礎は他の基礎よりも過重や外力を分散できるというメリットがあるそうです。
建物の基礎には直接基礎以外に杭基礎と呼ばれる物があります。
この杭基礎は支持層が深い場所のある場合は直接基礎が出来ない為に杭基礎が採用される様です。
その杭基礎は建物の用途や現場の状況やコストなどの面で多くの形式や工法、材質があってそれらの組み合わせにより最適な物が選択されると聞いています。
マンションの場合は杭の形式は支持層までしっかりと杭を打ち込む事で建物を支える支持杭が主流で杭の工法ではドリスなどで掘って鉄筋籠を穴に降ろしトレミー管からセメントをミルクを流し込み固めると言う場所打ち杭工法が採用される場合が多いようです。
杭の材質では鋼杭、コンクリート杭、合成杭があってそれぞれに特徴があるようですがマンションによって材質は違うようです。
調べて見ると結構難しいのですが一番望む事は安心して長い年月を過ごせる事が何よりも一番です。