マンションの床暖房の後付けは物理的には可能だが現状は厳しいと事ですか。

人気ウォークインクローゼットの使い勝手
人気ウォークインクローゼットの使い勝手

床暖房の後付け

統計によるとマンションの欲しい設備の人気ランキングには床暖房が常に上位に挙がっているそうです。
マンションに床暖房が普及しファミリーマンションに標準設置されるようになったのは2000年位からの様でその数年前に1995年位から高級とか高額とか呼ばれるマンションには標準装備されている物件が多かったと聞いています。
床暖房が標準装備されていないマンションを購入した場合、購入後に床暖房を設置出来るのでしょうか?
物理的には可能だと聞きますがその手順はまず床暖房を設置する部屋の床を蚊がし床暖房仕様のフローリングを敷きつめなければならないようです。
既存のフローリングでも良いように思うのですが既存のフローリングを派がし床暖房の配管をしてその上に既存のフローリングを貼ると床の高さが他の部屋よりも配管の分だけ高くなってドアの開閉などに支障が起きて来るのです。
結構おおがかりな工事になるようで少し驚きます。
更に後付けの床暖房の仕様のフローリングは既存のフローリングに比べ遮音性が劣るようで事前に管理組合の許可が必要だとも聞きます。
遮音性が劣る事によって周りに住む人達に迷惑をかけ思わぬトラブルを引き起こす事も想定さえる訳で想像以上に慎重に事を進めなければならないようです。
その次には給湯器を床暖房機能付きに交換しなければなりません。
そして床暖房機能のついた給湯器はガスの使用量が多い為にメーターボックスの中に縦に通っているガス供給管の太さで大丈夫なのかも問題で縦列に1軒位なら大丈夫なのですが縦列全部が床暖房を後付けしても大丈夫な太さでないと管理組合は許可してくれません。
まだまだ問題はあって床暖房を設置した部屋までのお湯の往復の為のペアチューブ給湯管の配管工事で床暖房機能付きの給湯器の脇のコンクリートの壁に穴を開けて通さなければならずこれも又管理組合の許可が必要となります。
何とも聞くだけでうんざりするような面倒な手間がかかりそれに費やす時間も随分かかりそうです。
費用も随分とかかりそうです。
面倒な手間と多額の費用の発生を考えると床暖房の魅力も何だか半減してしまいそうです。
入居者の維持管理意識が高いマンションでは床暖房の後付けに関する規約は管理規定書の記載されているようですが維持管理意識の低いマンションでは一切管理規定書には記載されていないとも聞くので注意して頂きたいと思います。
更に質の悪いリフォーム業者にも注意が必要です。
マンションの床暖房の後付けは結論的には物理的には可能だが現状は厳しいと思われます。

注目の情報